あなたにピッタリなのは?秘密の包茎クリニック検索

簡単10秒!4つの質問に回答するだけでOK♪

あなたの年齢は?
包茎の種類は?




包茎治療に求めることは?


費用は?



【】包茎手術の名医がいるクリニック3つ

包茎の悩み

茎は治療したいけど、男のシンボルであるペニスにメスを入れるのは不安がありますよね?

包茎手術の傷跡が残ったり、ペニスがツートンカラーにでもなってしまったら、目もあてられません。

では、どこで包茎手術を受けるのが安心なのでしょうか? 包茎手術は包茎専門クリニックや、病院の泌尿器科で受けることができます。

同じ包茎手術でも、専門クリニックと泌尿器科には大きな違いがあります。 それは、包茎手術の施術方法や、健康保険の適用条件です。

専門クリニックでも病院の泌尿器科でも、仮性包茎は基本的に健康保険の適用外となります。 これは仮性包茎は日常生活に影響がないと判断されているためです。 とは言っても、やっぱり仮性包茎でも治したいですよね。 私もそうでした。

次に真性包茎やカントン包茎の場合は、どうでしょうか? 真性包茎やカントン包茎は日常生活に支障があると判断されるため、健康保険の適用になります。

ただし、保険が適用されるのは病院の泌尿器科の場合のみです。

では、泌尿器科で包茎手術を受けるのがおすすめかというと、
一概にそうとは言えません。 一体その理由は何でしょうか?

まずは包茎の悩みを専門家に無料で相談してみよう♪

カウンセリングが無料!包茎専門クリニックでお悩み解決♪

4コマ

泌尿器科で包茎手術を受けた時の不安・・・

医者

病院の泌尿器科では保険が適用されるので、手術の費用は安いでしょう。(真性包茎、カントン包茎の場合) 仮性包茎の場合はどちらも保険が適用されないので、費用の大差はありません。

では、包茎手術の方法や技術はどうでしょうか?

はっきり言って、技術力では圧倒的に包茎専門クリニックに軍配が上がります。 包茎専門で手術の症例数も圧倒的に多いので、当然といえば当然ですね。

実は泌尿器科で行われる包茎手術は機能面の回復にポイントを置いています。 術後のペニスの見た目はあまり重視されていません。

でも、男のシンボルであるペニスに傷跡が残るなんて耐えられませんよね。 できれば包茎手術を受けたことを他人に知られたくはないですし。

私が無料相談を受けた包茎専門クリニックは・・・

  • カウンセリングが完全無料
  • 包茎手術の名医が在籍
  • 包茎手術の実績が高い
  • 手術費用が安価でわかりやすい
  • 徹底された衛生管理と安全管理
  • 早漏対策、亀頭増大、長茎手術の相談もOK

包茎手術の無料カウンセリングはココが良かったよ♪

ABCクリニック

トリプルA(安価、安心、安全)

ABCクリニックは広告などをあまり出していないので、有名ではないけど実績が評判ですね。

無料カウンセリングも行っていて、カウンセリング後にABCクリニックで包茎手術を受ける人は、95%以上にもなるそうです。

包茎手術は3万円からと、料金もリーズナブル♪ アフターケアの料金も手術料金に含まれているので、包茎手術のあとも安心ですよ。

ABCクリニック ABCクリニック

上野クリニック

24時間サポート&男性スタッフのみ

タートルネックの彼でおなじみの上野クリニック。あなたも一度は見たことあるんじゃないでしょうか?

「受付が女性だったらどうしよう?」
「看護師さんに見られたら...」

上野クリニックのスタッフは全員男性なので、こんな心配は無用ですよ。

24時間体制でサポートを行っていて、もちろん無料カウンセリングも♪

上野クリニック 上野クリニック

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

実績20年以上の包茎専門医院

包茎専門医院の東京ノーストクリニック。

包茎専門医院として開業してから、20年以上も実績を積み重ねているそうです。

24時間対応、男性スタッフのみ、アフターケア無料とサポートもバッチリ♪

未成年者には、支払いの優待制度もあるそうですよ。

東京ノーストクリニック 東京ノーストクリニック

仮性包茎の手術は迷わず包茎専門クリニックへ♪

笑顔

仮性包茎の場合は迷う必要はありませんね。 泌尿器科でも健康保険の対象外となるので、包茎専門のクリニックへ行きましょう。

真性包茎やカントン包茎の場合は、保険の問題も考慮して決める必要があります。 とはいえ、できればペニスに傷跡は残したくないもの。

まずは包茎の専門家の無料カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。 手術を受けないにしても、カウンセリングだけなら無料ですからね。

僕は複数のクリニックで無料カウンセリングを受けましたよ。 包茎にひとりで悩むより、一度包茎の専門家の意見を聞いてみてはどうでしょうか?

このページの先頭へ